二人でつくる家族だけの結婚式

【問題ナシ】結婚式のムービー用の写真がないときの対処法5つ

※ 本サイトは筆者の体験を中心に運営しております。記事中のリンクにはPRを含みます。

結婚式を控えている、幸せなあなたへ。こかです。

今回は、プロフィールムービー用の写真がないときの対処法についてお話しします。

写真をあまり撮らない人、引っ越しなどで写真がない人もたくさんいるはずです。

「幼少期〜成人するまでの写真を20枚、準備してください」を言われても、正直、キツイ…。

わたしは24枚の写真でプロフィールムービーを作りました。

少ない写真でも十分ムービーは作れますよ。

ぜひ、最後までご覧ください。

写真なんて20枚程度あれば十分です

プロフィールムービーの写真は、20枚程度あれば十分です。

最初、わたしたちがムービーのコンテンツ用に準備したのは24枚でした。

過去の写真
  • 幼少期〜大人になるまで:3枚ずつ
  • 大人:5枚ずつ
  • ほか:仲間と撮ったもの4枚(動画含む)・ツーショット4枚

おそらく、ムービーを外注すると、30〜40枚ほどの写真を求められると思います。

ただでさえ忙しいのに、写真をたくさん集めるなんて至難の業。

でも、大丈夫。

ある程度揃っていれば、編集作業やつなぎでカバーできます。

多少の融通が効くのが、手作りムービーのよいところです。

不自然に見えないよう、統一感を出すこと

「統一感」を出せば、たとえ、枚数が少なくても、不自然に見えません。

新郎新婦のどちらかの写真だけが多かったり、シーンや年代がバラついていたりすると、写真の少なさが目立つ可能性があります。

しかし、新郎新婦で枚数やシーンを統一すれば、自然な流れになりますよ。

写真がないときに使える5つのワザ

結婚式のムービー用の写真がないときに、使ったワザを5つご紹介します。

新たに撮影した写真
  • 連想させるモノの写真を使う
  • 母校や旅行地を使う
  • 新たに撮影する
  • テキストでつなぐ
  • 若干飛ばしてもOK

連想させるモノの写真を使う

結婚式のムービー用の写真がないとき、連想させるモノの写真を代用する

幼少期にプラレールで遊んだエピソードで、プラレールのフリー素材を使いました。

本人がプラレールで遊んでいる写真があればよかったのですが、準備できず…。

やむなくフリー素材で代用しましたが、決して不自然な感じはしません。

母校や旅行地を使う

学生時代のエピソードを語るときや旅行でのエピソードを語るとき、母校の写真や旅行地の写真を使いました。

画像にテキストを添えているから、ゲストも「あぁ、中学校のときの話ね」と理解してもらえます。

新たに撮影する

最近の写真が少ない場合、新たに撮影したら大丈夫です。

お天気のいい日に、近所の公園でのスマホ撮影でオッケーです。

上の写真は、夫に撮影してもらったものです。

お互いに撮影or三脚で撮影

撮るときはお互いに撮影するか、三脚を使って撮影するかになります。

わたしたちも、徒歩5分の公園へ三脚を持って出かけました。

新たに撮影した写真
  • 一人の写真:2枚ずつ
  • ツーショット:2枚

いきなり笑顔の写真は撮れません。

撮影するまでに、会話して笑ったり、ちょっと走ったり、表情と体をほぐしてから撮ります。

三脚で立てたカメラに向かって笑うって難しいんですけれど、ちょっとテンションを上げておくと柔らかい表情が撮れますよ。

公園ショットはウェルカムスペースにも飾りました。

テキストでつなぐ

区切りごとにテキストスライドを挟みました。

メッセージを伝えたり、シーンを区切ったり、使い方はさまざま。

人物の写真ばかりだと疲れてしまうので、休憩効果もあります。

テキストスライドはKeynote(Mac版パワーポイント)で作成し、アニメーションをつけました。

ムービー用のフリー素材をつないでもよいですね。

フリー素材については、詳しくは以下の記事をご覧ください。

若干飛ばしてもOK

ネットで調べていたら、「●●時代へワープ!」という技を使っている人もいました。

新郎新婦で統一感が取れていれば、生い立ち部分を少しくらい飛ばしても大丈夫だと思います。

詳しく書かなくとも、ゲストに二人の人柄がわかればよいのですから。

構成によっては、大人の部分からいきなり始めても悪くないかもしれません。

プロフィールムービー用の写真は少なくても大丈夫

プロフィールムービー用の写真は少なくても大丈夫!

自作ムービーならば、構成や編集でカバーすることができます。

写真の枚数も大切ですが、重要なのはコンテンツです。

アイデアやセンスを使えば、写真の枚数に関わらずステキなムービーができると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

幸せいっぱいの結婚式を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました