二人でつくる家族だけの結婚式

【引き出物は必須】家族婚ならば引き出物不要と思っていました。

結婚式を控えている、幸せなあなたへ。こかです。

今回のブログは、家族婚の引き出物についてお話しします。

招待するゲストは、家族や親戚ばかりだし、引き出物って不要かと思っていました。

しかし、プランナーさんに「引き出物は必要です」と言われ、ビックリ。

引き出物のいわれを調べてみると、「家族婚でも引き出物って必要なのね…」と納得。

前半では、引き出物の意味について整理します。

後半では、実際に準備した引き出物についてお話しします。

ぜひ、最後までご覧ください。

人数に関係なく、引き出物は必要

ゲストの人数に関わらず、引き出物は必要です。

いただいたご祝儀ひとつにつき、ひとつの引き出物が一般的です。

大体、一世帯にひとつの引き出物ですね。

引き出物の意味

新郎新婦から、披露宴に参列されたゲストへおもてなしと感謝の気持ちを込めて贈る品物です。

披露宴の食事でおもてなしするから…と思っていましたが、食事と引き出物は別なんです。

ちなみに、引き出物の金額は、いただいたご祝儀の10%ほどが目安と言われています。

平安時代の宴の後に、馬を庭へ「引き出して」お客様に贈った風習が、引き出物の由来だそうです。

内祝いとの違い

内祝いは、披露宴に参加されるかどうかは関係なく、幸せのお裾分けとしてお渡しするものです。

会費制の結婚式では、引き出物ではなく、内祝いが渡されるようです。

引き出物の内容

一般的に、引き出物の内容は以下の4点です。

引き出物
  • メインの引き出物(必須)
  • 引き菓子(必須)
  • 縁起物(省略可能)
  • プチギフト(省略可能)

メインの引き出物と引き菓子は省略できませんが、縁起物は省略しても構わないようです。

しかし、「2で割り切れること」を忌み嫌う結婚式なので、縁起物も準備することが大半です。

家族婚で引き出物を準備する

家族婚で引き出物などを準備するには、2通りの方法があります。

  • 会場手配
  • 持ち込み

会場手配

披露宴会場で手配する方法です。

会場手配は、往々にして割高なので、持ち込み可能ならば持ち込む方が良いかも…と思います。

ただし、世帯数の少ない家族婚の場合、引き出物を持ち込んだとしても、節約インパクトはそこまで大きくないかもしれません。

わたしたちは会場で引き出物を手配しました。

わたしたちは、会場手配のカードタイプの引き出物・引き菓子・縁起物にしました。

全世帯に15,000円程度の引き出物、5,000円程度の引き菓子を準備しました。

  • カードタイプの引き出物:カードに印刷されているQRコードを読み取り、インターネット上のカタログを見て、好みの引き出物や引き菓子、縁起物を選ぶ。

カードタイプって味気ないかも…と思っていましたが、結果的に正解でした。

カードタイプのギフトにしてよかった理由

結婚式当日、大雨でした。

一日中、土砂降りで、手ぶらに越したことはないという気候…。

メインの引き出物のほか、引き菓子、縁起物もすべてカードタイプを準備したため、嵩張る荷物はナシ。

タクシー移動と言えど、嵩張る引き出物だったら、帰宅時のお荷物になったと思います。

プチギフトも準備しました

プチギフトも会場で手配しました。

祇園辻利のがとーぶぶを、人数+新郎新婦分手配しました。

持ち込み

持ち込み可能であれば、引き出物を持ち込むことができます。

デパートで選んだり、インターネットで準備したり、自分たちの好みの方法で手配できます。

選択肢が広い分、贈る相手を考えて、準備することができますね。

持ち込み可能だったら持ち込みしたかった

引き出物の持ち込み可能だったら、持ち込みしたかったです。

デパートのオンラインストアをグルグルと見てたんです…。

「グランマーブルのラブマーブル(デニッシュ)にしたい」と前々から思っていたので、引き菓子は特に選びたかった…。

ギフトの手配が好きな方は、引き出物選びもとても楽しいと思いますよ。

家族婚も引き出物を準備する

家族婚といえども、引き出物は必要です。

1世帯にひとつの引き出物が基本です。

贈り物を選ぶときって、ワクワクしますよね。

楽しんで、引き出物を選んでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

幸せいっぱいの結婚式を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました